番付バナー

ギャンブルって安全?競馬以外にどんなギャンブルがあるの?

【特集】ギャンブルについて調べてみた

ギャンブルといえば、競馬・競艇・競輪・オートレースと言った競技ギャンブル。その他には、宝くじ、パチンコやカジノなどがありますね。

ギャンブルで勝ちやすい指標として還元率というのがありますが、各ギャンブルの還元率ってどれくらいかチェックしてみましょう。

1位が今注目されている「オンラインカジノ」。還元率ではかなり高いですね。
「競馬」や「競艇」はだいたい75%という感じです。

今回は「競馬」や「競艇」とこの還元率トップの「オンラインカジノ」というものを比較して、どういところに違いがあるのか調べてみました。

①賭け方の違い

カジノについては、海外に旅行に行った際に少し経験したという方もおられるのではないでしょうか。
ビギナーズラックで稼げたという声も聞く一方で、フルボッコに遭ったという声も(笑)
これはギャンブルですから仕方ないですね。

「競馬」も「競艇」もルールは共通で、3着以内が馬券の対象。
その中で、「単勝」や「複勝」、また1から3着の順位を当てる「3連単」などが存在します。
基本的なルールが決まっているので、あとは馬券や舟券を買って、レース結果を待つのみですね。

一方、カジノは、ドラマや映画で出てくるような、大きなルーレットを使ったテーブルゲーム。その他にもスロットゲームやカードゲームなど、かなりたくさんの種類があり、その数だけルールが違います。
勝負ゲームを限定して稼いでいくプロギャンブラーという職業の方が存在するのも納得ですね。
種類が豊富なので、闇雲に、様々なカジノゲームを狙いに行くのでは専門性に欠けてしまいます。

予想に関しても「競馬」・「競艇」がデータ分析を中心としているのに対して、カジノは確率論での勝負になります。

②還元率の違いは?

「寺銭」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。
この「寺銭」は、ギャンブルの主催者である胴元のことを意味します。
江戸時代に寺社の境内で賭博を行っており、その儲けの一部を寺社に寄進していたことから呼ばれるようになったそうです。

もちろん主催者に儲けがないと開催の意味がないので100%は存在しません。

ギャンブルの中でも「宝くじ」が大衆ギャンブルとして身近に感じるかもしれませんが、なんと還元率は46%
ぼったくりですね(笑)

100万円宝くじを買ったら、買った時点で、54万円のマイナスからスタートということになります。
その中で、ダントツの還元率を誇るのが、「カジノ」
93%から98%と言われています。
しかも、ルーレットの場合は約95%、ブラックジャックにいたっては100%を超える還元率になることもあるそうです。

一方で競馬や競艇の還元率は75%程度で、還元率ではカジノが有利ですね。

③参戦のハードルは?

還元率の低かった「宝くじ」ですが、「1億円当たるかもしれない」というドキドキ感を楽しんでいる方も多いのではないかと思います。
ギャンブルをやる上で、じっくり還元率を調べて、その中でどう稼ぐかと考えているのはほんの一部の方のみです。

そして、何よりも参戦障壁が低いんですよね。買ったくじが当たるか当たらないかだけ。
脳みそは1ミリも使わなくていいので、本当の運ゲーです。
それ故に、利用者が多いのも納得ですね。

それに比較して競馬や競艇などの競技は、そのレース自体も楽しむことができます
応援している騎手や馬のレースを生観戦。好きな競艇選手や競輪選手を生観戦し、優勝インタビューを見てサインを貰う。
一つのスポーツとして楽しみながらもギャンブルを行うことができるのは魅力の一つです。
入場料も100円200円程度で、参戦障壁は低い方です。

そして、還元率の高いカジノですが、その分入場料が儲けられています。
日本カジノの入場料は6,000円が予定されています。

また、オンラインカジノにおいても「出金条件」が設定されており、勝利金を自由に引き出せない場合もあります。
還元率は、カジノですが、払戻や参戦障壁からの視点では競馬や競艇が優位ですね。

④まとめ

還元率や参戦障壁のお話をしましたが、根本として、まずは自分自身がそのギャンブルを楽しめるかどうかです。
お金を増やすことはもちろん重要ですが、人生の娯楽として、その時間を有意義に過ごせたかも大切なことです。

レース前の興奮をたくさんのファンと共有して盛り上がりたい方は、「競馬や競艇の競技系ギャンブル」。
一方で、だれにも邪魔されず、一人でじっくり考えて楽しみたい方は「カジノ」。

是非、自分のタイプに合ったギャンブルを楽しんでみて下さい。

【オンラインカジノ参考情報】
⇒オンラインカジノTV

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ